気軽に聞きたい、住宅購入プロのアドバイス no.5

 

1、省エネ住宅に関するポイント制度

2、親からの援助金、名義はどうすれば?

(2015.3月)

 

◆1、~省エネ住宅に関するポイント制度~ ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

みなさんこんにちは。上屋です。

 

平成24年10月に終了した住宅エコポイントに変わり、

省エネ住宅ポイント制度が開始されました。

今回も平成28年3月31日までの期間限定制度です。

 

一定基準以上の省エネ新築住宅や、

省エネリフォームをした場合に最大30万ポイントがもらえます。

ポイントは地域産品や商品券などと交換が出来、

30万ポイントは約30万円分の商品と交換できます。

 

当社が取り扱っている新築住宅も該当物件が多数あります。

ぜひ、この機会に新築住宅を購入して、ポイントをもらっちゃいましょう。

今なら、プラス住まい給付金も最大30万円がもらえます。

詳しくは、当社担当までお問い合わせください。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆2、不動産豆知識 ~親からの援助金、名義はどうすれば?~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

マイホーム購入時に、両親から資金援助を受けた場合の、

よくある質問に「名義をどうすればよいか」と聞かれることがあります。

 

資金援助を受けた場合、方法は3つあります。

 

1、贈与として全部の名義を付ける。

 

  その場合、贈与税の対象となりますので、購入後に贈与税を支払う事に

  なります。今年、国会で3月中には決定になる贈与税の非課税枠が優良

  住宅の場合で1500万円となる予定です。

  それ以上の贈与に対して、課税されるわけです。

 

2、援助資金を借りたことにして、全て子の名義にする。

 

  もらってしまうと贈与税がかかるので、借りたことにして返済をすれば

  贈与税はかかりません。ただし、税務署に借りたことが分かるように、

  契約書の作成と返済履歴が分かるように返済方法は預金口座を利用する

  必要があります。

 

3、もらった分は、親の名義にする。

 

  原則として払った金額で持分を付けます。

  そうすれば、もらったことにも借りたことにもなりません。

  ただし、親は住む訳でないので、親の持分だけは登記費用や不動産取得税

  などが高くなる場合があります。

 

せっかくのマイホーム購入、

お子さんやお孫さんに資金援助をすることも多いと思います。

 

非課税枠をうまく使い、贈与税がかからないよう名義にも気を付けてください。

気軽に聞きたい、プロのアドバイス 

 

no.14(2016.1月)

1 、消費税増税と住宅取得等資金贈与の特例について

2、不動産豆知識「住宅ローンは短く借りるか長く借りるか」

 

no.13(2015.12月)

1 、県別住宅意識調査の結果 

2、不動産豆知識「住宅を購入するなら新築か中古か」

 

no.12(2015.11月)

1 、新しい仕組みで売主、買主が直接取引

2、不動産豆知識「中古住宅瑕疵保険について」

 

no.11(2015.9月)

1 、改めてハザードマップの確認を

2、不動産豆知識「土地価格の種類」

 

no.10(2015.8月)

1 、天然素材の良さについて

2、不動産豆知識「中古住宅の鑑定・査定評価について見直し」

 

no.9 (2015.7月)

1、オンラインストア「アマゾン」がリフォームを開始

2、中古住宅瑕疵保証サービスのメリッ

 

no.8 (2015.6月)

1、地盤情報と生活に役立つ土地情報を公開

2、特定空家制度が開始されました

 

no.7(2015.5月) 

1、建物検査 中古住宅売買時に義務化か

2、親からの援助は今年がお得?

 

no.6(2015.4月)

1、保険料の改定、そして保険期間10超の廃止

2、不動産取得税特例措置の変更について

 

no.5(2015.3月)

1、省エネ住宅に関するポイント制度 

2、親からの援助金、名義はどうすれば?

 

no.4(2015.3月)

1、フラット35の金利過去最低に 

2、住宅ローンは金利だけじゃない

 

no.3(2015.1月)

1、フラット35Sの制度拡充が発表に

2、平成27年度税制改正大綱が決定

 

no.2(2014.12月)

1、団体生命保険について 

2、中古マンション+リノベーション

 

no.1(2014.11月)

1、リフォーム代も含めた住宅ローン 

2、省エネ住宅の優遇税制

 

 

住宅ローンのご相談、資金計画について