気軽に聞きたい、住宅購入プロのアドバイス no.9

 

1 、オンラインストア「アマゾン」がリフォームを開始

 

2、中古住宅瑕疵保証サービスのメリット

 (2015.7月)

 

◆1、~オンラインストア「アマゾン」がリフォームを開始~ ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

みなさんこんにちは。上屋です。

 

私もよく利用していますオンラインストア「アマゾン」がリフォームの販売を開始しました。

 

リフォームは、大凡の価格を知りたくても、実際にお部屋をみてもらうわないと、

現場の状況により工事内容が変わるj可能性がある為、

現地確認なしで、明確な価格の提示がされないことが、

利用するみなさんの悩みでした。

 

しかし今回、住宅設備機器の定額リフォーム工事サービスを、

6月30日より開始しました。

 

工事費込みの分かりやすい価格が魅力で、

実際のサービス(工事)は積水ハウス・大和ハウスグループ・ダスキンなどの

大手が提供しています。

 

大手グループの一流品の取り扱いとなっている為、

当社がお付き合いしているリフォーム業者さんたちよりは、

価格が少々お高めのようですが、

良いもので安心してお手軽にリフォームしたい方にはお勧めですね。

 

本を買う感覚で、ネットでユニットバス交換をする時代が

やってくるのかもしれませんね。 

 

気になる方は、一度アマゾンでチェックしてみてはいかがでしょう?

今回はこれまで!

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆2、不動産豆知識 ~中古住宅瑕疵保証サービスのメリット~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以前にもご紹介したことがありますが、

中古住宅を安心して購入する為に雨漏りや白アリ被害、建物構造部などの

目に見えない箇所の不具合(瑕疵)が無いかが、

心配な方は沢山いらっしゃると思います。

 

これら瑕疵は中古売買の場合、一般的に3カ月の保証となっていますが、

その間に不具合が発見できるかという心配もありますし、

また大前提として不具合の無い家を買いたいと思いますよね。

 

その瑕疵を保証する制度が「中古住宅瑕疵保証サービス」です。

 

このサービスは売買時に、専門家の診断をして1~5年間の保証を

戸建ての場合には6万円の費用で付けられるのですが、

メリットは6万円以上に受けられます。

 

住宅ローン減税は築年数が木造戸建てで20年、

マンションで25年までのものしか受けられないのですが、

この保証を受ける事で、昭和56年6月1日以降の住宅も減税対象となります。

 

例えば、2000万円程の借入をした場合、

支払った税額によって変わりますが、

最大で10年間の控除は約160万円程受けることが出来るわけです。

 

それだけでなく、所有権移転時やローンの抵当権設定時に支払う登録免許税も

減税が受けられます。

 

もし、保証を受けていない場合だと所有権移転の税率は2%ですが、

保証を受けると0.3%に軽減されます。

 

抵当権設定も税率0.4%が0.1%に軽減されるため、

こちらの軽減だけで充分に保証料のもとは取れそうです。

 

税制のメリットも受けられて、安心もついてくるなら

メリットは大きいと思います。

 

くわしくは担当までご相談ください!

気軽に聞きたい、プロのアドバイス 

 

no.14(2016.1月)

1 、消費税増税と住宅取得等資金贈与の特例について

2、不動産豆知識「住宅ローンは短く借りるか長く借りるか」

 

no.13(2015.12月)

1 、県別住宅意識調査の結果 

2、不動産豆知識「住宅を購入するなら新築か中古か」

 

no.12(2015.11月)

1 、新しい仕組みで売主、買主が直接取引

2、不動産豆知識「中古住宅瑕疵保険について」

 

no.11(2015.9月)

1 、改めてハザードマップの確認を

2、不動産豆知識「土地価格の種類」

 

no.10(2015.8月)

1 、天然素材の良さについて

2、不動産豆知識「中古住宅の鑑定・査定評価について見直し」

 

no.9 (2015.7月)

1、オンラインストア「アマゾン」がリフォームを開始

2、中古住宅瑕疵保証サービスのメリット

 

no.8 (2015.6月)

1、地盤情報と生活に役立つ土地情報を公開

2、特定空家制度が開始されました

 

no.7(2015.5月) 

1、建物検査 中古住宅売買時に義務化か

2、親からの援助は今年がお得?

 

no.6(2015.4月)

1、保険料の改定、そして保険期間10超の廃止

2、不動産取得税特例措置の変更について

 

no.5(2015.3月)

1、省エネ住宅に関するポイント制度 

2、親からの援助金、名義はどうすれば?

 

no.4(2015.3月)

1、フラット35の金利過去最低に 

2、住宅ローンは金利だけじゃない

 

no.3(2015.1月)

1、フラット35Sの制度拡充が発表に

2、平成27年度税制改正大綱が決定

 

no.2(2014.12月)

1、団体生命保険について 

2、中古マンション+リノベーション

 

no.1(2014.11月)

1、リフォーム代も含めた住宅ローン 

2、省エネ住宅の優遇税制

 

住宅ローンのご相談、資金計画について