美濃路が横断する土器野エリアは古くから交通の便が良いんです

清須市を貫く美濃路には昔ながらの町並みや、ものづくりの店が残されていて、ここ土器野エリアは多くの歴史や文化があふれている場所です。美濃路は江戸時代の街道で、東海道から分かれて美濃へ向かう街道のため美濃路と呼ばれていました。
このエリアから名古屋市の中心部や岐阜へ向かうにはとても便利で、名鉄電車を利用すれば「須ヶ口」駅から「名鉄名古屋」駅まで約8分です。
清須市役所などもこのエリアに隣接しています。
ここ新川橋西詰にはかつて高札場があった場所で、歴史の面影を感じさせます。

清須市を貫く美濃路には昔ながらの町並みや、ものづくりの店が残されています
名鉄名古屋本線「須ヶ口」駅から名古屋方面に向かう名鉄電車