印紙代(印紙税)

納め方 / 契約時にかかる国税

不動産を購入するとき、建物の建築を依頼するとき、住宅ローンを借りるときには「契約書」を作成します。契約書(課税文書)を作成したときに、契約額に応じて課される税金が印紙税です。

不動産売買契約書、建築工事請負契約書、金銭消費貸借契約書、領収証などを作成した際に国が課税する。課税される文書のことを課税文書といい、作成したすべての課税文書に対して、消印することにより納付します。

同一内容の課税文書を複数枚作成した場合は作成した部数だけ印紙を貼らなければなりません。


税金の基礎知識