売却するとき、一般媒介or専任媒介のどちらがいいんですか?

一般媒介or専任媒介のどちらがいいんですか

売却物件の権利関係が複雑な場合や、近隣関係で調整が必要な場合など売り出す前に調整が必要な場合には専任契約が好ましいと思います。

媒介契約の種類は次の3種類です。
・ 一般媒介契約
・ 専属専任媒介契約
・ 専任媒介契約
それぞれの契約の内容については、全日本不動産協会のHPをご確認ください。
公益社団法人 全日本不動産協会

ここでは、売主様にとってどの媒介契約が良いのかを考えてみたいと思います。
査定時に担当の営業マンから
「専任でなければ広告が出来ない」
「専任であれば責任をもって売却をします」
「専任であれば力をいれて活動します」
と言われることが多いようです。

という事は
「一般契約では広告は出来ない」
「一般契約では責任をもって売却できない」
「一般契約では力が入らない」
と言っているのと同じです。

現代の競争社会では競争相手がいるからこそ、他社よりも早く売るために工夫したり、考えたり、努力をします。
一般契約は競争です。頑張っても成約にならなければ利益になりません。
専任契約は1社だけで競争が有りません。
一般契約では力が入らないと言って競争を避けている会社が、専任契約で頑張ってくれるのでしょうか?
営業担当が専任契約を勧める理由をしっかりと聞いてみましょう。
しっかりとした会社、営業担当者であれば
「一般契約でも専任契約でもやることは一緒です。他社に負けないように頑張ります」
と言うはずです。

売却物件の権利関係が複雑な場合や、近隣関係で調整が必要な場合など売り出す前に調整が必要な場合には専任契約が好ましいと思います。