売却するとき、高すぎる査定額と専任契約のデメリットとは?

高すぎる査定額と専任契約のデメリットとは何ですか?

デメリットとしては、専任契約では不動産業者からの営業活動の報告が、その1社からしか得られないという事です。

売主様にとって査定額は高い方がうれしいですよね。
その価格で絶対に売れるなら査定額は高い方が良いに決まっています。
つまり自動車の買取査定のような場合なら高い方が良いわけです。

しかし、仲介の場合には査定額で売れるとは限りません。

売主様から売却依頼を頂くのに不動産会社も必死ですから、他社より高い査定額を出せば売主様の印象は良いですし、売却依頼になる確率も高まります。
ここで問題なのは、高い査定額を出した会社が専任契約や専属専任契約を勧める事です。

何が問題かというと、専任契約の場合には不動産業者に営業活動の報告が義務付けられていますが、その報告が1社からしか得られないということです。

1社にしか頼めないのだからあたり前ですが、「問合せが無い」という報告も、「価格が高かったようだ」という結論もその1社の意見しか聞けないという事です。

つまり、高い査定額で専任契約をして、あとは徐々に価格を下げて行けば売れるだろうという事かもしれません。その様な報告や意図も、専任契約では他社の意見が聞けず本当のところは分かりません。

高い査定額を提示されても、一度冷静になって査定の根拠を確認をして、納得してから媒介契約をするようにしましょう。