登録免許税

納め方 / 登記時にかかる国税

取得した住まいの権利を明らかにするために、登記所へ行って建物や土地を登記することが大切です。
また、住宅ローンを借りるときにも登記所で抵当権設定の登記を行います。
この登記の申請をするときに納めるのが登録免許税です。

税額は登記の種類や原因によって決められており、ケースによっては税額が軽減されることもあります。

登記を司法書士などに依頼する場合は、この登録免許税とは別に規定の報酬が必要になります。
報酬金額の基準は地域や登記の種類、建物の構造、床面積などによって異なりますので一概にいえませんが、このほか交通費や登記簿謄本の交付(収入印紙が必要)などのために実費がかります。


税金の基礎知識