購入諸費用とは

諸費用は、不動産物件を買うときに新築住宅では購入代金のおよそ3%~5%程度、中古住宅ではおよそ5%~10%程度を目安に用意する必要があります。仮に4,000万円(消費税込み)の住宅を買う場合は、新築住宅で120万円~200万円、中古住宅では200万円~400万円くらいになります。

諸費用の支払時期はだいたい4段階

一般的な購入スケジュールに合わせて整理すると、だいたい4段階に分類できます。不動産会社によっても支払いの方式が様々で、仲介業者を通じて購入する場合にはその都度支払うケースが多いようです。

第1段階 売買契約を締結する時

・契約書に貼る印紙代
・仲介手数料など

第2段階 住宅ローンを借りるとき

・金銭消費貸借契約書を取り交わすときの事務手数料や印紙代
・ローン保証料
・火災保険料
・抵当権を設定するための登記費用として登録免許税や司法書士への報酬など

第3段階 登記費用

・土地と建物の所有権登記の際の登録免許税や司法書士への報酬
・新築住宅では表示登記の費用が必要な場合あり

第4段階 入居後

・不動産取得税
・固定資産税
・都市計画税
・引越しに伴う費用
・中古住宅などではリフォーム工事費用など


不動産の基礎知識