売却価格にある5つの価格とは何ですか?

不動産売却価格にある5つの価格とは何ですか?

はい、基本的には、①希望金額 ②査定金額 ③売出金額 ④購入希望価格 ⑤成約金額 の
5つの価格のことをいいます。

5つの価格とは

① 希望価格

売主様のご都合による希望の価格です。
例えば「3,000万円で売却できなければ住み替え出来ない」等、売主様の売る目的が達成できる価格を言います。
しかし、多くの売主様は価格についての知識や相場観が無いのが普通です。
慎重なご検討が必要とされます。

② 査定価格

仲介業者の査定価格(適正価格)です。
仲介業者は常に取引に係わる中で、相場・市場動向等の知識を持った上で、売却物件の現地調査・諸官庁の発行した公示価格などを参考に、前述の査定価格を算出しております。

③ 売出価格

実際に仲介業者と媒介契約を結び不動産を売り出す時の価格です。
これが決まると仲介業者は広告や不動産流通機構(中日本不動産流通機構レインズ等のネットワーク)に登録し、広く買主様を探し始めます。
売主様の希望価格、仲介業者の査定価格を基に決定された売出価格ですが、様々な理由により適正価格ではなく市場性に乏しい価格で売り出すこともあります。
売出価格は不変な物ではなく情勢変化に対応して、途中で変更する場合もあります。
信頼できる仲介業者と十分に話し合うことが大切です。

④ 購入希望価格

買主様が売出価格を見て少しでも安く買おうと指し値(購入希望価格)を入れます。
このとき仲介業者は「そんな指し値を出したら売ってもらえませんよ」というように、査定価格をベースにしたアドバイスを行ったりします。その結果、査定価格に近い水準で成約することになるのです。

⑤ 成約価格

買主様と条件が折り合い売買契約が成立した時の価格です。
売出価格から成約価格に至るまでには、双方の条件の変更や価格変更が生じ、歩み寄りながら話を進めることが大切になります。

成約までの5つのステップ

「査定価格」が一番重要です

結論を申し上げると、査定価格が一番重要です。
高い査定価格を提示する会社もありますが、本当に大切なのは成約価格がいくらになったかです。
査定価格には、必ず根拠があります。近隣の取引事例や顧客動向、競合になる近隣の売り出し物件など、当社では根拠を示して、価格査定をしております。

高い価格につられて、売り出したのは良いものの、売れずに月日が経ち価格を下げても、その時の査定価格はもっと下になっており、結局、時間もかかり価格も安くなってしまうなんてこともあります。
高い成約価格で売却するためには、しっかりした根拠のある査定額を提示していくれる信頼のおける不動産会社に依頼することが重要になります。

【不動産売却のお悩みQ&A】
売却を検討する際、高く売るにはどうしたらいいのですか?
売却するとき、査定価格は高ければいい!?
自宅を早く売るにはどうしたらいいのでしょうか?


売却の第一歩は査定です。まずは無料査定をご利用下さい。

お問い合わせ

    姓名 フリガナ

    メールアドレス 電話番号



    郵便番号から住所を入力住所から郵便番号を入力







    住所をコピーする
    郵便番号から住所を入力住所から郵便番号を入力





    個人情報の取り扱いについてご確認いただき、同意されましたら「同意して送信する」をクリックしてください。